抱っこひもの不思議・・・からだの片側だけ痛みがでるのはなぜ?

 

抱っこひもをつかうと、

 

右の肩だけこる。

左の腰だけ痛い。

左の股関節だけ痛い。

 

はて?

なんでだろう?

 

 

 

そんなママさんに、

ぜひ確認してほしいことがあります。

 

 

 

それは、

 

『抱っこひもの肩ひもの長さ』

 

 

 

肩ひもの長さが1㎝変わると、

 

ママの姿勢も動きも大きく変わるのです!

 

 

 

身体の片側に痛みがでるのは、

 

肩ひもの左右の長さが違うからかも。

 

 

 

肩ひもの長さをあわせて、

 

赤ちゃんもママもらくらく快適に♪

 

 

右側の肩ひもが長い場合

右の肩ひもを長くしてみると、

 

赤ちゃんがズシッと重たくなりました。

 

 

 

ゆるゆるの肩ひもでは、

赤ちゃんの重さを支えられず・・・

 

 

 

負担が集中してしまい、

左の肩はバッキバキに^^;

 

右側の肩ひもが短かい場合

 

肩ひもが短いと、肩に届かないので、

 

すぐにずり落ちます。

 

 

 

ずれないように、

自然と肩が上がるので、

 

右肩だけ疲れるのです・・・泣

 

 

 

また、

右側の腰ベルトが上にずれてしまうことも。

 

するとママは、

赤ちゃんをまっすぐに受け止められません。

 

 

 

体は自然と捻じれたり、傾いたり。

 

腰痛や足の痛みの原因に。

 

まとめ

 

肩ひもを見直すだけで、

 

身体の痛みがやわらぐ可能性があります。

 

 

 

小さなことですが、

毎日のこと。

 

ぜひご確認ください♪

 


✿無料メールレッスン✿

産後ケアに関する疑問を解決!

 

『ママのための身体ケアレッスン』終了後は、

 

『ママのお悩み解決レター』をお届けしていきます。