尿もれママさん必見!骨盤底筋を守る2つのポイント

 

最近 mama smileには、

 

尿漏れにお困りのママさんが多くいらっしゃいます。

 

 

 

原因の一つは花粉症。

 

 

 

くしゃみによる強い腹圧で、

 

骨盤底筋に負担がかかるためです。

 

 

 

ただでさえ骨盤底筋が弱っている産後。

 

くしゃみが続くとダメージ大大大!

 

 

 

「産後は尿もれなかったのに…」

 

「尿もれ治ったのに、最近またダメです」

 

と悲しいお知らせを頂くことも…

 

 

今こそ、

 

ご自身の骨盤底筋と向き合う時です!

 

 

 

身体に力が入ったときに生じる尿もれ(くしゃみ、立ちあがり、ジャンプなど)は、

 

骨盤底筋がしっかり働けば、必ず改善できます。

 

尿もれ改善の2つのポイント

①骨盤底筋エクササイズのポイント

 

ご自分の骨盤底筋の状態にあわせて、

 

少しずつ負荷量を上げていくことが大切です。

 

重力や内臓、腹圧をコントロールして、エクササイズを進めます。

 

 

 

仰向け

仰向け+腹圧をかけて(息を吐く)

座って

座って腹圧をかけて

立って

立って腹圧をかけて

動きながら

 

 

 

と徐々に負荷量をあげていきます。

 

 

 

まずは仰向けで骨盤底筋が収縮できているのか、

 

確認してみてくださいね。

 

 

 

収縮ができていたら、

 

姿勢を変えながら、徐々に負荷量をあげて確認します。

 

 

 

収縮が感じられない場合は、

 

全く働いていないこともあります。

 

 

 

骨盤底筋の働きを0→1に引き上げるのは至難の技。

 

 

 

是非一度お越しください。

 

あの手この手を使って、

 

骨盤底筋を目覚めさせます!

 

 

骨盤底筋の収縮を感じているのに尿漏れがある方は、

 

 

 

・骨盤底筋でない場所が収縮している

 

もしくは

 

・負荷量が上がった時に収縮ができない

 

 

 

といった可能性があります。

 

 

 

特に腹筋が同時に強く働くと、

 

骨盤底筋が負けてしまうことがあります。

 

 

 

エクササイズをする際は、

 

お腹の力が入りすぎないようご注意ください。

 

②尿もれする動作でのポイント

 

尿もれする動作では、

 

・意識的に骨盤底筋を締める

 

・身体を伸ばす

 

ことが大切です。

 

 

 

くしゃみをする時は体を前に屈めますが、

 

それでは非常に腹圧が高まります。

 

 

 

理想は、

 

 

 

ムズムズ…くしゃみが出そう

骨盤底筋を締める

身体を伸ばす

はっくしゅん!

 

 

 

です。

 

 

 

間に合わない時もあると思いますが、

 

尿もれを予防し、

 

骨盤底筋を守るため。

 

 

 

花粉症ママさん、ぜひお試しください。

 

 

 

くしゃみに限らず、

 

尿もれする動作では

 

・骨盤底筋を締める

 

・身体を伸ばす

 

を行ってみてくださいね!