抱っこを『痛い』→『快適』に♪ママの姿勢の3つのポイント

 

お出かけはもちろん、

 

家事をするときも、

寝かしつけるときも、

 

抱っこひもは大活躍。

 

 

 

だからこそ、

 

ママの体への影響はとても大きくて、

正しく装着してほしいのです。

 

 

 

抱っこひもの役割は、

 

『ママのからだを助けること』

 

 

 

ただ、使い方次第で、

 

『ママのからだを痛める道具』

 

にもなってしまいます。

 

 

 

ママの身体を守るための、

3つのポイントをお伝えします。

 

1、肩が上がっていませんか?

抱っこひも姿勢

 

肩が上がっていると、

肩がこってしまいます。

 

ストンと力が抜けますか?

 

 

 

抜けない場合は、

抱っこひもの調節があっていないのかも。

 

肩ひもや腰ベルトの長さを確認してみて下さい。

 

2、体が傾いていませんか?

抱っこひも姿勢

どちらかの足に、

体重がかかりすぎていませんか?

 

体が傾いていると、

腰痛や足の痛みの原因になります。

 

 

 

体が傾いている場合は、

まず赤ちゃんの姿勢をチェック。

 

抱っこひもの中で曲がっていないか確認を。

 

 

 

それでも直らなければ、抱っこひもを調節します。

 

3、腰はそっていませんか?

抱っこひも姿勢

ママの姿勢を、横からもチェック。

 

腰はそっていませんか?

 

 

 

抱っこしているので、腰に力が入るのは自然なこと。

 

ただ、強くそってしまうと腰が痛くなってしまいます。

 

 

 

赤ちゃんは密着していますか?

 

抱っこひもの調節はあっていますか?

 

確認してみてくださいね。

 

まとめ

 

意識して直すだけで、

身体への負担がグーンと減ります。

 

痛めてからでは遅いです!

 

 

 

長時間抱っこする時は、事前チェックを忘れずに^^*