ママの疲れは赤ちゃん次第!?抱っこひもでのチェックポイント3つ

 

赤ちゃんは抱っこが大好き♡

 

 

 

だけど、

 

姿勢が辛いと、

もぞもぞしたり、

泣いてしまうことも。

 

 

 

赤ちゃんが快適なら、ママも快適に。

 

赤ちゃんの姿勢を整えて、

 

ママの負担を減らしましょう♪

 

 

 

抱っこひもをつけたら、

鏡でチェックしてみて下さいね。

 

大切なのは、

赤ちゃんが左右対称であること。

 

3つのチェックポイントをお伝えします。

 

1、おしりが真ん中にありますか?

抱っこひも姿勢

 

赤ちゃんのおしりが、

抱っこひもの真ん中にありますか?

 

 

 

おしりがまがると、体もまがります。

 

すると、ママの体に悪影響。

 

赤ちゃんが寄っている方の肩に、

負担が集中することに…。

 

 

 

赤ちゃんも片寄っていては、

居心地が悪いはず。

 

2、足が同じ長さだけ出ていますか?

抱っこひも姿勢

 

抱っこひもから出ている足。

左右の長さは同じですか?

 

 

 

違ったら、

まずはおしりが真ん中にあるか確認を。

 

 

 

おしりがまがっていないのに、

足の長さが違うときは、

 

赤ちゃんの骨盤が傾いているのかも。

 

 

 

赤ちゃんの左右のおしりの下に

手をあててみて下さい。

 

 

 

どちらかが高くて、

どちらかが低くありませんか?

 

左右同じ高さにあわせてあげて下さいね。

 

3、手が同じ位置から出ていますか?

抱っこひも姿勢

 

慌てて抱っこひもをつけると、

変なところから手が出てしまうことも。

 

 

 

片方の手が

頭や足の方から出ていると、

 

体全体が傾いてしまいます。

 

 

 

両手を正しい位置から、

出してあげてくださいね。

 

まとめ

 

『赤ちゃんの姿勢』を整えると、

『ママの体の負担』が減ります。

 

 

 

玄関の鏡で、

車の窓で、

ショーウィンドーで。

 

チラッとチェックして、

サクッと修正。

 

そんなひと手間が、

大切だと思うのです。

 

 

 

正面から確認できたら、

次は横からも♪

 

こちらもあわせてご覧ください→

抱っこ姿勢を横からチェック!ママ&赤ちゃんのらくらくポイント2つ