「治らない」って決めつけないで

 

今日お伝えしたいのは、

 

「治らない」と決めつけないこと!!

 

 

 

先日、左手が痺れてお困りのママさんがお越しになりました。

  

整形外科では、「手根管症候群」と診断され、ビタミンBを処方されたそうです。

 

 

 

手根管症候群とは、

 

手首にある神経の通り道が狭くなり、痺れや痛みが出る状態。

 

 

 

痺れを和らげるには、ビタミンBも良いけれど…

 

神経が圧迫されている状態は変わりません。

 

 

  

根本的に治すには、

 

《神経の通り道を広げる》のが一番!

 

 

  

「広げられるんですか⁉」

 

とママさんもビックリでしたが。笑

 

 

 

出来ます!

広げられます!

  

 

 

通り道を狭める原因となる筋肉を緩め、

 

ゆっくり広げていきました。

 

肩から指先まで、歪みと筋バランスを整えて終了です。

 

 

 

整形外科、鍼灸、マッサージと改善が見られずお悩みでしたので、

 

「痺れの件、もっと早く塩野さんに問い合わせるべきでした。」

 

とおっしゃって頂きました。

 

 

 

ご相談頂けなかったら、

  

手の症状も心のモヤモヤもすっきりしないままだったかも。

 

 

お悩みの症状が改善しないのなら、

 

その治療法が自分にあっているのか疑問に思ってほしい。

 

諦めないで。

決めつけないで。

  

 

 

「何年も経ってるから仕方ない」

 

その気持ちも痛いほどわかります。

 

 

 

同じように感じている方を、

 

何百人も見てきていますから。

  

 

 

でも、本当にもう治らない?

 

 

 

 

なんで治らないと思っているのか、

 

一度ご自分に問いかけてみてください。 

 

 

 

意外とお友達や家族の軽い一言だったり

 

自分の思い込みだったり。

 

メディアの情報を鵜呑みにしていたり。

 

 

 

何年経っていても、

 

歪みも痛みも治る可能性は十分にあります。

  

 

 

「治る可能性があるのかな」

 

と少しでも疑問に感じることができたら、

  

お悩み改善への大きな一歩。

 

  

 

何年も何年も悩んだ身体のお悩み、

  

あっさり解決してしまうこともあるんです。

  

 

 

「こんな症状ですが治る可能性がありますか?」とぜひご相談ください。

 

ご連絡頂ければ、必ずお答えします。

 

 

 

ご相談、お待ちしておりますね^^*

 


✿無料メールレッスン✿

産後ケアに関する疑問を解決!

 

『ママのための身体ケアレッスン』終了後は、

 

『ママのお悩み解決レター』をお届けしていきます。