· 

あぐらでの授乳をもっと楽に!姿勢をつくる3つのポイント

 

床での授乳は、あぐらがオススメ♪

 

ママの太ももが左右対称で幅が広いため、クッションがグラグラせず、赤ちゃんも安定します。

 

詳細はこちら

赤ちゃんもママも楽ちん♪床で授乳をするならこの座り方で^^*

 

あぐらで授乳するときの注意点

 

あぐらの欠点…

それはママの体が丸くなりやすいこと。

 

授乳姿勢 あぐら

 

この姿勢では、肩も腰もすぐにバキバキに^^;

 

体が丸くならないポイントを3つお伝えします‼

 

ポイント1 壁によりかかる

 

近くに壁があればラッキー♪

 

よりかかると楽ですよね。

授乳姿勢 あぐら

でも上の写真、腰に負担がかかっています…。

授乳姿勢 床

骨盤から腰にかけて壁にぴったりつけると、腰の負担が減りますよ。

 

背中も自然と伸びるので、首や肩もさらにになります^^*

 

ポイント2 クッションを利用する

授乳姿勢 床

 

骨盤が後ろに傾かなければ、体は自然と伸びるもの。

 

クッションで骨盤を支えましょう。

 

ポイント3 骨盤をおこす

 

壁によりかかれない時は…

 

授乳姿勢 床

自力で体をまっすぐに。

 

でも、背中だけを伸ばそうとすると、こんな姿勢に^^;

授乳姿勢 床

腰が丸いまま⁉

 

 

かえって肩こりが悪化します…

 

ポイントは後ろに傾いている骨盤をおこすこと。

 

骨盤がおきると、腰も自然と伸びてきます。

授乳姿勢 床

まとめ

あぐらで授乳をするときは、体が丸くなりやすいので要注意。

 

骨盤をおこすことを意識してみて下さいね。

 

体がすっと伸びると、授乳がラクになりますよ♡