*実践*『からだに優しい』抱っこひものつけ方5ステップ

大切な3つのポイント

1、腰ベルトの位置

 

『腰に巻かずに、骨盤に』

 

悪い抱っこひものつけ方
良い抱っこひものつけ方

肩ひもの長さ

 

『赤ちゃんが密着して、軽く感じる長さに』

 

背中のバックルの位置

 

ひとつひとつ確認しながら、

抱っこひもをつけてみましょう!

 

『からだに優しい』抱っこひものつけ方5ステップ

ステップ1 腰ベルトをつける

 

腰ベルトは、

骨盤のこの高さに。

 

 

詳しくはこちらをご覧ください。

3秒でできる♪一番からだに優しい腰ベルトのつけ方。

 

腰ベルトをつけたら、

足踏みをします。

 

ジャマにならなければOKです。

 

ステップ2 腰ベルトのきつさを調節

 

骨盤にフィットするように、調節します。

 

クルクル回る場合はゆるすぎ、

 

締め付けられて痛い場合はきつすぎです。

 

ステップ3 肩ひもの調節

 

赤ちゃんを抱っこして、肩ひもの長さを調節します。

 

『赤ちゃんが密着して、軽く感じる長さに』

 

詳しくはこちらをご覧ください。

赤ちゃんが軽く感じる抱っこのコツ。簡単だけど、絶対に知ってほしいこと。

 

 

 

腰ベルトが浮いてくるなら短すぎ、

 

赤ちゃんの体がママから離れるなら長すぎです。

 

ステップ4 左右の肩ひもの微調整

 

一度赤ちゃんをおろして、左右の肩ひもの長さをくらべます。

 

同じ長さになっているか確認します。

 

ステップ5 背中のバックルの調整

 

再び赤ちゃんを抱っこします。

 

背中の下から手を回して、

背中のバックルをとめましょう。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

肩こりママさん必見!!『からだに優しいヒケツ』はココにも♡

 

 

 

あわせて、

バックルの長さも確認を。

 

肩が後ろに引っ張られるなら短すぎ、

 

肩ひもが肩からずり落ちるなら長すぎです。

 

抱っこが楽になりましたか?

 

おつかれさまでした。

 

 

抱っこが楽になったら大成功♡

 

肩や腰の力を抜いても、

 

お子さまがママのからだにピッタリ密着していればOK! 

 

 

 

やってみたけれど、しっくりこない方もいらっしゃると思います。

 

姿勢や身体の使い方、赤ちゃんの大きさによっては、

 

微調整が必要な場合も。

 

 

 

しっくりこないのは、

 

ご自分の身体にあった調整が出来ていないだけ。 

 

 

 

個別ケア・グループレッスン・講座・痛み相談・フォローアップdayなどでご相談ください。

 

『あなたのからだに優しいつけ方』をお伝えします^^*