床での授乳は横座りがラク♡それってほんと?

横座りって楽ですよね♪

 

まわりを見渡すと、

横座りのママさんが一番多いかも。

 

正座は足がしびれるし、

あぐらはちょっと恥ずかしい・・・

 

でも、横座りには

2つのデメリットがあるんです^^;

 

1、ママの体が歪みやすい

 

写真をご覧ください。

授乳姿勢 床

授乳のときに、

赤ちゃんが乗るママの太もも。

 

ママの体の正面にこないんです・・・

 

赤ちゃんを正面で抱っこできないので

 

「片方のおっぱいはあげやすいけど、

反対側はあげにくい」

 

なんてことに^^;

 

それでも両方のおっぱいをあげますから、

 

体をねじりやすく、

背中や腰、骨盤が歪んでしまいます。

 

2、腕に力が入りやすい

 

太ももの左右の高さにも注目!

授乳姿勢 床

同じ高さになっていませんね。

 

太ももが下がっている側では、

赤ちゃんとおっぱいのキョリが離れてしまいます。

 

赤ちゃんを持ち上げようと、

腕に力が入ってしまいがち^^;

 

まとめ

 

横座りって楽だけど、

体に負担がかかりやすいのです。

 

ずーっと横座りをするのは、

やめたほうがいいかも・・・

 

床で授乳をするときは、

『あぐら』がオススメです♡

 

こちらの記事も参考にしてくださいね。

 

赤ちゃんもママも楽ちん♪床で授乳をするならこの座り方で^^*