抱っこひも

抱っこひも · 14日 6月 2017
家事をするとき、 おんぶは大活躍。 でもやっぱり疲れます。 ママの体が悲鳴を上げないように、 赤ちゃんが軽く感じるおんぶの仕方をお伝えします。

抱っこひも · 14日 6月 2017
抱っこひもをつかうと、 「右の肩だけこる」 「左の腰だけ痛い」 「左の股関節だけ痛い」 はて? なんでだろう? そんなママさんに、 ぜひ確認してほしいことがあります。

抱っこひも姿勢
抱っこひも · 13日 6月 2017
毎日抱っこひもは大活躍。 だからこそ、ママの体への影響はとても大きくて、正しく装着してほしいのです。 抱っこひもが『ママのからだを痛める道具』になりませんように。

抱っこひも · 13日 6月 2017
抱っこ姿勢を横からもみてみましょう♪赤ちゃんが軽く感じる、 2つのポイントをお伝えします。

抱っこひも · 13日 6月 2017
抱っこひもの中の赤ちゃんの姿勢、気にしたことありますか? 赤ちゃんの姿勢が整うと、ママのからだの負担がグーンと減りますよ♪

抱っこひも · 24日 4月 2017
抱っこひもをつけたら、 鏡の前へレッツゴー♪ からだを痛めない抱っこが出来ているか、 一緒に確認していきますよ^^*

悪い抱っこひものつけ方

抱っこひも · 24日 4月 2017
なんとなくとめている背中のバックル。 ここにも、 『からだに優しいヒケツ』 が隠れています♡ バックルをとめるとき、 あなたは上から手をまわす? それとも下から? 実は、 バックルをとめる高さによっても、 からだへの負担は変わってしまいます。 上からとめている方は、 バックルの位置が高すぎますよ。

抱っこひも · 24日 4月 2017
突然ですが問題です。 10Kgのお米を誰が一番長く持っていられるでしょう? ①腕を前に伸ばして持つAさん ②バンザイして持つBさん ③胸の前で抱きかかえるCさん

抱っこひも · 23日 4月 2017
『腰ベルトは骨盤に。』 といっても、 骨盤ならどこでもいい訳ではありません。 実は、 ヒトのからだはとっても繊細。 腰ベルトの位置がたった1cm違うだけで、 からだへの負担は大きく変わります。 なぜかというと、 骨盤への力のかかり方、 ママの姿勢、 働く筋肉、 すべてが変わるから。 今回は 『一番からだに優しい、腰ベルトを巻く位置』...

さらに表示する