産後ママがヨガやピラティスよりも先にすること

ヨガやピラティス自体は、

とても素晴らしいけれど

 

 

「産後ママにはハードだな」

 

と感じることがあります。

 

 

産後の身体って、

思っている以上に

ダメージが大きいのです。

 

 

ヨガやピラティスのレッスンを

見ていると、

 

 

「お腹と腰の筋肉のバランスが悪いのに、

そんなに腰を反って大丈夫?」

 

「その姿勢は骨盤ねじれちゃう…

痛みが出ませんように」

 

「そのポーズは腹圧大!

下っ腹がでちゃうよー」

 

「負担が大きいポーズも混ざってる。

判断するのは、難しいよね?」

 

「骨盤底筋エクササイズ、

一人ずつ評価しないと違うところに力が入っちゃう」

 

 

とハラハラ( ノД`)

 

 

ヨガやピラティスを産後に始めて、

身体を痛めてしまった話も

少なくありません。

 

 

一般的に、

ヨガやピラティスは

レッスン内容にそって進んでいきます。

 

 

でも、

ママの身体に必要なのは、

ママの身体の状態にそって進めること。

 

骨格・筋肉の強さ・パフォーマンスの高さなどから、女性の身体レベルを数値化すると、

(※経験からのイメージです)

 

ーーーーー

 

・運動している女性

【レベル5】 

 

 

・運動ゼロ女性 

【レベル0】

 

 

・元気なおばあちゃん

【レベル-1】

 

 

・産後ママ

【レベル-3】

 

 

・病気のおばあちゃん

【レベル-5】

 

ーーーーー

 

ヨガやピラティスは、

【レベル0】からプラスを積み重ねるときに

最適だと考えています。

 

 

でも、

産後はマイナススタート。

 

 

おばあちゃんの身体より

弱っているくらい。

 

 

マイナスから【レベル0】に引き上げることが

絶対必要です。

 \

 

焦ってハードなエクササイズをするのはNG。

 

かえってスタイルが崩れたり、

痛みが生じる可能性も。

 

 

まずは産後のゆるみ・ゆがみ・弱さを、

的確な運動で回復させること。

 

 

ヨガやピラティスを楽しめる身体作りが先です!

 

 

産む前よりキレイを目指す

マイ・ベストメイクセラピスト

塩野 里美

 


✿無料メールレッスン✿


✿LINEお友だち登録特典