肩こりママさん必見!!『からだに優しいヒケツ』はココにも♡

 

 

なんとなくとめている背中のバックル。

 

 

 

ここにも、

 

『からだに優しいヒケツ』

 

が隠れています♡

 

 

 

バックルをとめるとき、

 

あなたは上から手をまわす?

 

それとも下から?

 

 

 

実は、

 

バックルをとめる高さによって、

 

からだへの負担は変わります。

 

 

 

上からとめている方は、

 

 身体への負担が大きいです💦

 

バックルの位置が高いデメリット

肩こりになりやすい

 

バックルを上からとめると、

「肩甲骨」をしめつけます。

肩甲骨は肩を動かす時に、

中心となって働く部分。

 

 

 

バックルにジャマされて、

肩を動かすのが大変です^^;

 

肩の筋肉が頑張りすぎて、

ガチガチ肩こりの原因に…。

 

猫背になる

 

バックルの位置が高すぎると、

赤ちゃんの重みで、ママは猫背に。

 

 

 

見た目が悪いだけでなく、

肩こりや腰痛の原因にもなるので要注意!

 

まとめ

 

バックルをとめるときは、

下から手を回すのが正解♪

 

からだに負担の少ない位置は、

肩甲骨のすぐ下。

 

『ブラジャーの紐の高さ』

です^^*

 

肩こりママさん、

お試しくださいね♡

 

 

《追記》バックルに手が届かないママさんへ

 

無理してバックルをとめようとすると、

背中や腰を痛めてしまわないか心配です…

 

ブラジャーのひもの高さが難しかったら、上からつけて下さいね!

 

《ワンポイントアドバイス♡》

 

バックルは首の付け根より少し下でとめてください^^*

 

細い首に赤ちゃんの体重がかかると疲れます…。

 

無理なく手が届く範囲でお願いします‼