肩こりママさん必見!!『からだに優しいヒケツ』はココにも♡

 

 

なんとなくとめている背中のバックル。

 

 

 

ここにも、

 

『からだに優しいヒケツ』

 

が隠れています♡

 

 

 

バックルをとめるとき、

 

あなたは上から手をまわす?

 

それとも下から?

 

 

 

実は、

 

バックルをとめる高さによって、

 

からだへの負担は変わります。

 

 

 

上からとめている方は、

 

 身体への負担が大きいです💦

 

バックルの位置が高いデメリット

肩こりになりやすい

 

バックルを上からとめると、

「肩甲骨」をしめつけます。

肩甲骨は肩を動かす時に、

中心となって働く部分。

 

 

 

バックルにジャマされて、

肩を動かすのが大変です^^;

 

肩の筋肉が頑張りすぎて、

ガチガチ肩こりの原因に…。

 

猫背になる

 

バックルの位置が高すぎると、

赤ちゃんの重みで、ママは猫背に。

 

 

 

見た目が悪いだけでなく、

肩こりや腰痛の原因にもなるので要注意!

 

まとめ

 

バックルをとめるときは、

下から手を回すのが正解♪

 

からだに負担の少ない位置は、

肩甲骨のすぐ下。

 

『ブラジャーの紐の高さ』

です^^*

 

肩こりママさん、

お試しくださいね♡

 

 

《追記》バックルに手が届かないママさんへ

 

無理してバックルをとめようとすると、

背中や腰を痛めてしまわないか心配です…

 

ブラジャーのひもの高さが難しかったら、上からつけて下さいね!

 

《ワンポイントアドバイス♡》

 

バックルは首の付け根より少し下でとめてください^^*

 

細い首に赤ちゃんの体重がかかると疲れます…。

 

無理なく手が届く範囲でお願いします‼

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    児島 菜々子 (月曜日, 25 9月 2017 10:11)

    とてもためになるメルマガをありがとうございます。

    一人のときは背中の下から手がバックルまで届かなくてつけ外しができないので、どうしても仕方なく上から手で、付け外しをしてしまわざるを得ない時はどうしたらよろしいでしょうか?誰かが一緒の時は手伝ってもらえるので、位置を肩甲骨にもっていけるのですが。
    一人のときの対策があれば教えてください
    お忙しい中恐縮ですが宜しくお願い致します(^o^)(。>﹏<。)

  • #2

    mamasmileの塩野里美です。 (月曜日, 25 9月 2017 10:47)

    児島さん

    ご質問ありがとうございますm(__)m

    手が届かない場合は、無理をせずに上からとめて頂いて大丈夫です✨

    記事に追加しましたので、是非ご確認下さいね。

    ご不明な点がありましたら、またご相談下さいませ(*^^*)

  • #3

    児島 菜々子 (月曜日, 25 9月 2017 11:52)

    早速のお返事ありがとうございました。早さにびっくり!
    写真入りでとてもわかりやすかったです!

    手がとどく範囲で、できるだけ首より下に止めたらよいということですね!

    わかりました!
    ありがとうございます!!

    ママのためのmama smile

    素敵な塩野さんに感謝します!
    ありがとうございました!

  • #4

    mamasmileの塩野です。 (月曜日, 25 9月 2017 12:27)

    児島さん

    喜んで頂けて、とても嬉しいです�✨

    ラク出来るところはラクをして、お互い子育てを楽しみましょうね♪