抱っこひもで一番大切なこと。腰ベルトは〇〇に巻く。

 

 

とってもとっても大切なことをお伝えします。

 

 

 

腰ベルトは、

 

『腰に巻かずに、骨盤に巻く』

 

 

 

抱っこひもを使うときの、一番のポイントです!!

  

抱っこひもの良いつけ方
抱っこひもの悪いつけ方

 

 

『腰ベルトを骨盤に巻く3つの理由』

 

をお伝えします。

 

1、腰への負担が少ない

 

腰骨に比べて、

 

骨盤は外からの力にとっても強い♪

 

 

 

上半身にかかる力を足に分散し、

下半身からの衝撃は吸収します。

 

腰椎・骨盤

骨盤で赤ちゃんの重さを支えることで、

 

ママを腰痛から守ってくれるのです。

 

2、緩んでいる骨盤を支える

 

妊娠・出産で緩んだ骨盤は、

すぐには元に戻りません。

 

骨盤に腰ベルトを巻くと、

緩んでいる骨盤を支えてくれます。

 

 

 

産後のコルセットと同じ要領で、

 

『動き』や『痛み』を軽くしてくれる役割も♡

 

3、からだの回復をサポート

 

妊娠中、

お腹や骨盤の底の筋肉が薄くなり…。

 

出産時、

骨盤の底の筋肉が傷ついて…。

 

産後はお腹や骨盤の底の筋肉が

働きにくい^^;

 

 

 

骨盤ガタガタ、

筋肉ゆるゆる。

 

腰ベルトを骨盤に巻けば、

弱っている筋肉が働きやすい環境に♪

 

まとめ

 

『腰ベルトを骨盤に巻く』

 

たったそれだけのことだけど、

 

必ず抱っこがラクになります。

 

 

 

からだに『優しい』は、

ほんのちょっとしたことで決まりますよ^^*

 

 

コメント: 0